老化と共に緑内障のリスク増!今からできる予防策とは?

老化と共に緑内障のリスク増!今からできる予防策とは?

女性

考えられる原因

緑内障は、前房の内側になる房水が外に出なくなることで起こります。このような状態になると、眼球に圧力がかかり症状が悪化します。なぜそうなるのかはまだ解明されておらず、今だ謎に包まれています。特に40代に多く、またこの年代になると白髪も一気に増えます。緑内障に加えて、白髪が増えると一気に老けた印象となるでしょう。白髪の改善には、アルギン酸、亜鉛、オルニチンといった白髪対策に有効な成分入りのサプリメントを服用しましょう。

男性と女性

緑内障の症状

最も多いのが視界が狭くなる症状です。初期段階のうちは視界の一部が雲に覆われている状態ですが、だんだん症状が進むと最終的に見えなくなります。一度失われた視力は戻る可能性が極めて低いので、治療をして症状を遅らせることが重要です。

ウーマン

緑内障のタイプ

緑内障には閉塞隅角緑内障と開放隅角緑内障二つのタイプがあります。中でも開放隅角緑内障はかすれと目の疲れといった症状を引き起こします。閉塞隅角緑内障は充血、目の痛み、吐き気、頭痛の症状が見られますがいずれも、視野が狭くなることに変わりありません。

緑内障の予防方法

メンズ

目に良い成分を摂取する

緑内障の症状を緩和するには、目にいい栄養素が含まれたサプリの服用が求められます。代表的な成分はアントシアニン、ルテイン、紫イペ、フラボノイドで、これらの成分をバランスよく配合しているサプリがおすすめです。

生活習慣を改める

40代を過ぎると緑内障にかかるリスクが上がりますので、早いうちから糖質や脂質の摂りすぎに注意する必要があります。規則正しい生活を心掛ければ、白髪の改善にも繋がるでしょう。

治療を受ける

緑内障は放置しても治らないため、普段の生活を気を付けつつ病院での治療を続けることが大切です。特に効果的なのは、点眼薬、外科的治療です。これらは眼圧を下げるのに大変適しています。

目を鍛える

視神経を強化することも、緑内障の改善に繋がります。また、真面目に続けることで緑内障になりにくい状態を作れるでしょう。

広告募集中